ラグドール 体重増え方・画像 子猫~成長記録 2カ月~1歳

ラグドール 体重増え方・画像 子猫~成長記録 2カ月~1歳

ラグドール2か月~12か月の成長記録を月齢と体重の変化を月ごとに記録したものを報告します。

はじめに

先日、我が家のラグドール子猫ソフィー(女の子)がめでたく1歳を迎えました!(∩´∀`)∩パチパチパチ

生後2カ月半ごろから一緒にくらしはじめて、10カ月が経過しました。この10か月の変化として、成長していく様子のお写真と体重の記録を報告します!(゚∀゚)

⇩ラグドール猫種一般に関する情報は、こちらをご参照ください。

うちのラグドールのプロフィール

名前:ソフィー

名前の由来:先住猫シニアマンチカン(名前は「こにゃ」)と仲良くできるよう賢い子になってほしいから(賢くはないかもですが、優しい子に育っています)

性別:女の子

性格:ごはんより遊ぶのが大好き。

一緒に住んでいるシニアマンチカンのこにゃがとにかく大好き。いつもくっつこうと必死。

人の近くにいると常にぐるぐるのどを鳴らしているけど、こにゃにするように、くっついて寝たりはしない。

身体的特徴ブルーポイントバイカラー(いわゆるハチワレ模様)。生まれつきしっぽが曲がっています。

また、今のところ、カラダの大きさに比して体重は軽く、見た目も中大型種というよりはほっそりしててイタチっぽい感じです(;’∀’)

参考遺伝情報!

わが家のラグドールのパパの体重:7.2キロ

同じくママの体重:6.5キロ

(参考)同居しているシニア猫のマンチカンの体重:4.1キロ

うちのラグドール・ソフィーの体重の推移表

月齢(か月) 体重(kg)
2.5 1.0
3 1.3
4 2.0
5 2.5
6 2.8
7 3.0
8 3.4
9 3.6
10 3.7
11 3.8
12 3.9

成長がゆっくりになっているのがわかります。

以下、月齢ごとに体重とお写真を紹介!あと勝手なわたしの感想メモ。(゚∀゚)

ラグドール(ソフィー)2.5カ月

体重:1キロジャスト。

サイズ感は、手のひらより少し大きいくらいです。もう計ることはできませんが、写真から推定11-3cmくらいだったと思います。この写真は、初めてわが家に来てくれたときのお写真です。

   

ずーっとふみふみしてました。心細かったのでしょうか。起きてる間は、ずっとふみふみしていたと思います。見ているのも切なくて、年末年始でしたが、ほとんど出かけることなく四六時中つきっきりでいました。家事をしないといけないので、その間は、お休みの旦那さんが一緒にいて、それ以外はわたしが一緒にいて。温度を適切にしたり、お食事を欲しがるときにあげてました。同じ部屋に一緒にいても、ちょっと離れた距離にいると寂しいのか、ふみふみして胸が苦しくなりました。

ラグドール(ソフィー)3カ月

体重:1.3キロ

 

少し慣れてきたころ。先住猫のシニアマンチカンこにゃと少しずつ接触し始めました。

ラグドール(ソフィー)4カ月

体重:2キロ

この時が一番成長を感じました!

いきなりおおきくなった!

  

 

こにゃのことが気になるご様子。

ラグドール(ソフィー)5カ月

体重:2.5キロ

お気に入りの寝場所は窓際のキャリーバックのなか。

先住猫のこにゃによくくっつき始めるようになりました。

  

 

ラグドール(ソフィー)6カ月

体重:2.8キロ

お気に入りの寝場所のキャリーバックにおさまらなくなってきました。

   

 

パソコンのブラインドタッチを覚えたようで、ニンゲンにはわからない言葉でよく検索をしています。

 

このころ、避妊手術もしました。(このとき以降キャリーバッグで寝るのをやめてしまいました)

ラグドール(ソフィー)7カ月

体重:3キロ

  

ラグドール(ソフィー)8カ月

体重:3.4キロ

暑さ対策で大理石をだしたところ、お気に入りになりました。

   

ラグドール(ソフィー)9カ月

体重:3.6キロ

からだの成長がゆるやかになってきました。

階段でお昼寝が増えました。

  

   

ラグドール(ソフィー)10カ月

体重:3.7キロ

ダンボールに入ることを、こにゃから学び始めました。

   

 

生後4カ月くらいのころに、ソフィーに青の、こにゃに赤のけりぐるみをあげました。

はじめの頃は、青のけりぐるみで遊んでたのですが、この頃から、こにゃのよだれがべっとりついた赤のけりぐるみだけ夢中になりました。

  

ラグドール(ソフィー)11カ月

体重:3.8キロ

こにゃのけりぐるみでよく一人遊びしています。

 

このとき初めて猫鍋をしました!(一度きり)

 

また、前回使っていた、ダンボールが入らなくなったので、一回り大きいダンボールをあげました。

ご満悦な様子です。

   

 

元々のダンボールは、こにゃが自分で形を変え、使用することに。

ラグドール(ソフィー)12カ月(現在)

体重:3.9キロ

1歳になりました!

先住猫が短足マンチカンなこともあり、手足を伸ばすととっても大きく感じます!

  

 

あいかわらず、こにゃのけりぐるみが大好きです。

寒くなってきたのに、大理石を毎日使っています(;’∀’)

 

3カ月と12カ月の比較画像

ラグドール(ソフィー)とプレステのコントローラー

 

ラグドール(ソフィー)と三段キャットタワー

小さい頃は、進撃の巨人ばりにガシガシ登ってこにゃのいる頂上目指してきてました。

今は、手を伸ばせば届きそうです。伸びをするととても大きく感じる!

前も今も、こにゃに怒られているのは変わりありません。

 

まとめ

現在もゆっくり成長中★

ラグドールは現在通用している体型の分類をみると、中大型種に分類されていることが多くみられます。しかし、成長の速度や最終的に到達する身体の大きさは、もちろん昔から今も変わっていないません。ラグドールの成長速度は、生後1年まで急速に大きくなり、その後、2年~3年をかけてゆっくりと成長を続けるのだと思います。つまり、3歳~4歳までは、このあともゆっくりと大きくなっていくものと思います。

遺伝的には、わが家のラグドールの父母の体重が、父7.2キロ、母6.5キロというのを考えると、母の6.5キロまで大きくなることも予想できます。そうすると、現在1歳4キロから、あと最大3年で2キロ伸びることになります。単純に割り算すると、一年間あたり660グラムずつ増加(一か月間あたり55グラム増加)することが予想されます。

そのくらいの緩やかな増加量だと、見ていて気付かないかもしれません。でも、よく注目していこうと思います。そして、こちらのサイトでも、1か月に一度くらいの頻度で、報告しようと思います!

 

ラグドールへの愛と大きさは無関係

ラグドールは中大型猫と公定されている以上、大きくなるのだろうなーという期待?はあるものです。

ですが、いうまでもなく、たとえ大きくならなくても、わが家のお姫さまラグドールちゃんが、いつまでも元気いっぱいであればそれで大満足ですし、これ以上の幸せはないので、それ以上大きくならなくても最高です!((((oノ´3`)ノ

 

このサイトが、ラグドールと一緒に暮らしているかたや、これからラグドールと一緒に暮らしたいとお考えのみなさまの何かの参考としていただけたら幸いです((((oノ´3`)ノ

ラグドールカテゴリの最新記事