マンチカンのエリザベスカラー 最新・最適アイテム紹介! 

マンチカンのエリザベスカラー 最新・最適アイテム紹介! 

猫の外傷治療とエリザベスカラー

猫もヒトも同じですが、傷の治りかけとか、かさぶたとかはとても気になる!そういう部位はねこちゃんもすごくかゆい!見ているだけで、とても痒そうでかわいそうになります( ;∀;)

しかし、ケガの治療過程において甘さや油断は厳禁!もしも、なめたり、掻いてしまうと、大変治りがおそくなります。いうまでもなく、猫の舌には雑菌などが非常に多く存在しています。これは、たとえ、家猫であっても外飼いであっても、事情は異なりません。人であっても、幼いころから徹底的に歯を清潔にしとおしている人は除いて、一度でも虫歯などになったことのある人、あるいは、虫歯のある人との間で、口うつしで何らかの接触をしたことのある人は、口内に雑菌が存在しています。そうした口で、傷口を舐めて擦りつけるのは、よくありません。猫は、なおのこと厳禁です。そこで、大活躍するのが、「エリザベスカラー」!!!

エリザベスカラーとは、手術やケガによる傷口をなめたり、かいたりして悪化しないようにする首元にまく保護具です。円錐状のものが多いです。

ja.wikipedia.org

短足猫マンチカンのエリザベスカラー問題

以前の記事で、わが家のマンチカン(名前は「こにゃ」)が、皮膚炎症を患ってしまい、治るまで数か月エリザベスカラーをつけていたことをお話ししました。

↓下の記事です。

 

猫と脱毛(皮膚炎症写真)原因不明・病院選びと治療の経過

こちらがそのときの様子⇩当初、元々持ってるエリザベスカラーをつけました。こちら、小さめのエリザベスカラー。

f:id:fatelinker:20190924130219j:plain
なんだかあまり動かなくなりました。というのも、上のお写真をよく見ていただくと、カラーの大きな円の淵が、かなり大きいため、歩くとこれが、家の壁や階段にぶつかってしまい、スムーズな歩行が困難になるのです。通常の手足の長さを持った猫ならば、そういった問題は起こりません。問題なのは、わが家のマンチカンのように、超短足である場合です。超短足なので、少しでも下を向いたり、あるいは、ちょっとした段差でも、カラーの淵がひっかかってしまうのです。これは、大変なストレスのようでした。

短足猫マンチカンがエリザベスカラーを装着すると発生する障害

カラーが外に向かって広がる外縁部が、段差や壁に当たる。衝撃を受けるなどして猫の歩行の妨げになる。これは非常に頻繁に生じます・・・( ;∀;)かわいそうすぎる

そして、前に進めなくなってしまいました( ;∀;)。なんて不憫なことでしょうか・・・単なる皮膚炎なのに移動まで制限されるなんて・・・。

プラ製のため固いので、カツーンカツーンとなってしまいます( ;∀;)

上を向いて歩けるならば、問題なく通れるはずですが・・・(2、3cmの段差)。猫ちゃんですので上を向いて歩くなんてとても難しいことです。

そして、お怪我のためなのでしょうか、気持ち的に落ちているみたいでしたので、頑張る気力が起きずらそうというか。歩くのをあきらめてしまいます。

私みきもんの自作!お手製エリザベス?カラー

そんなこにゃを見ているのがとてもつらいので、なんとかしてあげたく、作ってみました!

じゃん!こちらです!下のお写真の画像です。首のところに巻いてるのでつ!

f:id:fatelinker:20190924130742j:plain
お父さんのいらなくなったネクタイでつくってみました!われながら秀作です。

似合います!!カワ(・∀・)イイ!!・・・すみません。

これでわが家の超短足マンチカンのこにゃも、視界が広くなりました。もし、うつむいて歩いたとしても、決して段差にひっかかることはありません。

♣わが家のマンチカンの場合、ケガの場所が背中側のちょうど首のすぐ背部でした。よって、カラーの長さはさほど必要なく、上記の形状にしました!

 

柔らかい素材のネクタイの内部に、100均などで買える綿をつめて、適宜のやわらかさと太さにする。ぐるっと巻いて、首に輪にしてピタッととめられるように、マジックテープをとめる部位に縫い付けてみました!!!これは最適最高でした!!!

ゆるすぎず、きつすぎず!ベストな位置を何度もこにゃと相談し。(・´з`・)

f:id:fatelinker:20190924131036j:plain
まぶしい時とか。目隠しに使ったりとかして、応用方法を自分で編み出していました。なんということでしょう!?
 

⇩夏の時期にはいると、こんなふうに涼しげな布をチューブ状に縫い付けて作ってみました!!!これもよかったよ!

f:id:fatelinker:20190924131151j:plain
夏用。少し涼しげな布にチェンジ!なのです。
首元あつくなってしまうので、熱中症がとても心配・・・エアコンは常時つけてました。

♦もしも、違う場所の部分に傷や手術をした場合は、下記で実際にわたしが購入したエリザベスカラーがおすすめです。

最近はこんな商品もある!おすすめのエリザベスカラ―

今は、検索すれば、視界がせまくならなくて柔らかいカラーなら売ってますね(;´Д`)

ラグドールのソフィーが避妊手術した時は、アマゾンさんで買いました(*´∀`*)

⇩子猫ソフィーまだまだ小さい

f:id:fatelinker:20190924131919j:plain
装着は、非常に簡単なのは当然として、顔や首回りの大きさにあわせて、調整することができます。

まくらにもなりますカワ(・∀・)イイ!!

ほっかむり形式でかぶったあと、ヒモで調整します。

マジックテープやボタン式じゃないので、音が耳元でしないぶん、ねこに優しい(*´Д`)

装着したときにカラーが前にいかないで、横にいくタイプなので視界も良好。

ねこさま、病気や手術後以外でも、爪切りとかで使うこと多々あるので、買って大正解でした(∩´∀`)∩いやほい!

⇩こちらの商品、柄が5つから選べます。

わたしは、ピンクのうさぎ柄

⇩ちなみに、短足こにゃがつけた場合。

f:id:fatelinker:20190924143804j:plain
お顔がまぶしい°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

f:id:fatelinker:20190924143854j:plain

f:id:fatelinker:20190924143910j:plain
短足なので、けっこうスレスレ。

こちらでも、段差を試しましたが、生地が柔らかいので問題なく通れました(゚∀゚)

以上、個人的に話したかった脱毛とカラーのお話でした。

猫の病気治療カテゴリの最新記事